葉酸不足による影響について

子ども葉酸は人間の体にとってとても大切な栄養素です。
特に赤ちゃんを望む女性や、妊娠中には意識して摂らなければいけないものでもあります。
それは、細胞分裂とDNAの合成に関わり、新陳代謝や細胞分裂で必要になるビタミンだからです。
また、女性ホルモンを整え、血流を強化し、子宮内膜を強化する働きもあるので、着床に大きな効果があります。
着床率が上がると赤ちゃんが授かる確率は大きく上がります。
赤ちゃんを望んだら意識して摂るように心がけることが大切です。
また、葉酸が不足することで赤ちゃんに影響が出てしまうのが妊娠初期です。
この時期の胎児は爆発的な細胞分裂をして急激に成長し、とても大切な脳や神経系が形成される時期でもあります。
その時期の母体に葉酸が欠乏すると、赤ちゃんが先天異常である神経管閉鎖障害という重い障害のリスクが高まってしまうという調査結果があります。
これは、脳や脊髄が正しく成長できなくなる疾患です。
こういった障害の原因を未然に防ぐためにも絶対的に必要な栄養素なのです。赤ちゃんそして、出産後も授乳を通してその栄養素を赤ちゃんに与えることや、産後の抜け毛予防などにも良い影響力があるので、摂り続けるべきものです。
その栄養素は、野菜やレバー、納豆などに多く含まれますが、最も手軽に確実に摂取できる方法がサプリです。
サプリだと、その栄養素を吸収しやすくするための他の成分などがうまく配合されているので、きちんと体内で吸収できる良さがあります。