貧血の原因は葉酸不足かもしれません。

貧血多くの女性の悩みでもある貧血は、ほとんどが鉄欠乏症と言われています。
症状が酷くなると、疲れやすくなったり、顔色が悪くなったり、生理痛が酷くなってしまうこともあります。
日常的に鉄分を補うことはもちろん大切なのですが、吸収されにくいというデメリットもある為、状況に応じてはクリニックで治療をする必要があるでしょう。
症状が酷い場合は、鉄分注射などで改善される方法もありますので、まずは医師に相談をしてください。
また、貧血の原因の1つに葉酸が不足していることも挙げられます。
葉酸は別名造血ビタミンとも呼ばれ、血液を作り出してくれる役割を持っています。
特に妊娠中の女性は、胎児に血液を送り続けますから、血液が薄くなりやすいのです。
その為、体調が悪くなってしまうことも多いようです。
出産時には大量に出血をしてしまいますから、早い段階で改善をしておく必要があるでしょう。
また、葉酸には、血液を作り出す役割だけではなく、妊娠初期には胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減したり、妊活中に摂取してきた場合は先天性異常児のリスクを軽減してくれるとも言われています。子どもさらに、ビタミンB6が含まれていることからつわりの軽減もできると言われているのです。
食事から摂取することも可能ですが、胎児がお腹にいる状態での必要量は1日400μgと言われ、食事だけでは補いきれない部分があります。
サプリメントなどを取り入れてことで効果があると言われていますので、積極的に取り入れていくようにしてください。