妊娠中に葉酸不足を起こさないためには

妊婦成人男女で1日に必要な葉酸の量は、200?です。
この成分は、アミノ酸や核酸の合成に必要なために細胞分裂が盛んなところで必要となります。
特に妊娠初期においては葉酸が不足すると、お腹の赤ちゃんに神経管閉鎖障害が起きるリスクが増え、重症の場合は死に至る場合があるので、妊娠初期には1日400μg摂取する必要があります。
大切な事は、受精卵が着床してすぐに葉酸が必要となるので、妊娠を希望する場合、この成分を1日400μg摂ることです。
成人男女では、この成分は造血作用にビタミンB1とともに働き、悪性貧血にならない効果を示します。
妊婦でもお腹の赤ちゃんが成長するのに不可欠の栄養素の一つで1日370?、授乳婦で1日280?が必要と言われています。
食事の中では緑黄色野菜やレバーの中に多く含まれますが、食材中に含まれている物は天然型で合成型に比べると吸収率が50%以下です。
長期保存をすると、酸化されて壊れてしまうために、食事から取る場合も新鮮な食材から摂らなければなりません。
野菜厚生労働省が進めている物は、天然成分(例えば酵母などを原料とした)から作られた合成型のものです。
したがって賢くサプリを利用しましょう。
サプリとして摂る場合も管理をする方法は、常温で湿気の少ないところのおき、長い期間放置しないようにしましょう。
そしてこの成分を摂取する場合は、1日1000μgは超えないようにしましょう。
1000μgを超えると、ビタミンB12が不足したことによる悪性貧血の症状を隠してしまいます。